失敗しない水道工事業者選び

水道工事業者をしっかり選ぶためのポイント

水道屋さんのサービスは幅が広い

水道屋さんの選び方

資格の有無は、水道業者選びに欠かせない判断材料です。
水道局指定工事店という資格があります。
自治体から、適正に水道工事を行える業者と認められているということです。
公的機関から水道工事の許可を得ています。
水道工事を行うには、工事をする地域の自治体に、水道局の申請を行わなければならないのです。
このことから、水道局の指定工事店は信用があります。

指定工事店の苦情は、自治体に言うことができます。
自治体が認めている業者なので、自治体は業者に改善を要請しなければなりません。
そして、改善しない悪質な業者は、指定を取り消されます。
指定工事店は水道局のホームページに記載されており、身元がはっきりしているので安心です。

良い業者の見分け方

失敗しないために、良い業者のポイントを押さえておきましょう。

水道工事のプロになるには、10年以上かかると言われています。
水道工事業者は、他業者からの転職が多く、技術レベルが低い場合があるのです。
判断基準としては、会社に建築配管技能士の1級か2級がいるかどうかがポイントで、実技資格なので信用できます。

事前見積もりをする業者を選びましょう。
作業後に金額を提示する業者は悪徳業者が多いのです。
工事の詳細や説明を曖昧にすることで高額な工事料金を請求します。
よくある例は、即日工事で作業終了後、すぐに工事料金の支払いを迫られるケースです。
明確な料金を提示しない業者には注意しましょう。
本来は、見積もり内容の同意が得られてから工事を始めます。


この記事をシェアする