失敗しない水道工事業者選び

水道工事業者をしっかり選ぶためのポイント

水回りの臭い

トイレの煙突

トイレは常に清潔に使いたいですよね。
トイレで気になる事は、臭いや汚れだと思います。

生活の中でのトイレの臭い対策は、こまめに掃除をすることです。
しかし、臭いが室内に逆流している場合があり、それは業者の手抜き工事である可能性があります。

簡易水洗式のトイレには、臭突配管という配管があります。
簡易水洗式には便槽というタンクがあり、そこに汚水物が溜められているのです。
配管が機能していなければ、臭いが室内に逆流してしまいます。
実際に、簡易水洗式なのに臭突配管が取り付けられていなかったこともありました。
ファンの故障ではなく、手抜き工事だったのです。
トイレの室内から臭突配管は見えませんので、一般人には分かり辛いかもしれません。

水回りの臭いに注意

賃貸や中古物件の場合に、水回りの配管から悪臭がすることがあります。
ほとんどのかたは、実際に住んでから気付くようです。
住んでしまったあとから、水回りの検査をしてもらうことはできます。
しかし、コンクリート造の水回りの配管を交換することは難しいのです。
一度コンクリートを取り壊さなくてはならないので、とても大掛かりな工事になってしまいます。

泣き寝入りするしかないのが現状です。
対策として、臭いが逆流しないように、フタをすることを業者に言われるのですが、原因の解決にはなっていません。
修理改善に高額な費用がかかるので、管理会社の殆どは対応してくれないのです。
臭いが逆流しやすい場所は、台所と洗濯機の排水管やトイレが多いでしょう。


この記事をシェアする